第49回日本脊髄障害医学会

9月12日のプログラム≫

9 月11日 第1会場

学会奨励賞プレナリーセッション8:40~10:40

座長 木元 康介(独立行政法人労働者健康福祉機構 総合せき損センター 泌尿器科)
飛騨 一利(札幌麻生脳神経外科病院 脳神経外科)
基礎1上肢末梢神経刺激による非侵襲的な脊髄伝導の可視化
東京医科歯科大学 整形外科
○角谷  智 、川端 茂徳 、牛尾 修太 、加藤  剛 、大川  淳
基礎2マウス慢性期脊髄損傷に対するヒト iPS 細胞由来oligodendrocyte 前駆細胞移植の有効性
1慶應義塾大学 医学部 整形外科、2 慶應義塾大学 医学部 生理学
○川端 走野 1,2、岩波 明生 1、岡野 栄之 2、戸山 芳昭 1、 中村 雅也1
基礎3脊髄全切断マウスにおけるヒト iPS 細胞由来神経細胞移植後脊髄再生メカニズム
1聖マリアンナ医科大学 整形外科、2 聖マリアンナ医科大学 免疫病原動物学
○飯沼 雅央 1,2、梅原  亮 1、笹生  豊 1、別府 諸兄 1
基礎41HMR スペクトロスコピー(MRS)の脊髄への応用
千葉大学 大学院医学研究院 整形外科
○牧   聡 、國府田正雄 、古矢 丈雄 、稲田 大悟 、 神谷光史郎 、大田 光俊 也
臨床1経時的呼吸機能検査による頚髄損傷後の呼吸改善状態の評価
1愛媛県立中央病院 整形外科、2 北海道中央労災病院 せき損センター
○飯本 誠治 1,2、須田 浩太2、松本 聡子2、安井 啓悟2、小松  幹2
臨床2急性期脊椎・脊髄損傷患者における経時的 D-dimer 測定の意義
1弘前大大学院 医学研究科 整形外科、2 弘前記念病院 整形外科
○熊谷玄太郎1、和田簡一郎1、田中 利弘1、板橋 泰斗1、 小野  睦2、石橋 恭之1
臨床3腰椎単神経根様症状を呈した症例において下部尿路症状を生じる原因の検討
藤枝平成記念病院 脊髄脊椎疾患治療センター
○渡邊 水樹 、花北 順哉 、高橋 敏行 、倉石 慶太 、河岡 大悟
臨床4脊髄梗塞の診断 ADC map の有用性
中村記念病院
○大竹 安史
臨床5modern ART 時代の脊髄損傷による射精障害患者の挙児戦略
獨協医科大学越谷病院 泌尿器科
○岩端 威之 、岡田  弘
臨床6脊髄損傷患者は増加している? -4 年間にわたる疫学調査から
北海道中央労災病院 せき損センター
○松本 聡子 、須田 浩太 、安井 啓吾 、小松  幹

教育講演110:40~11:30

座長 芝 啓一郎(独立行政法人労働者健康福祉機構 総合せき損センター)
  脊髄再生医療の実現に向けて
慶應義塾大学 医学部 整形外科
○中村 雅也

シンポジウム1 脊髄障害を伴う病態に対する脊柱再建術:考え方と実際14:30~16:10

座長 種市  洋(獨協医科大学 医学部 整形外科学)
松山 幸弘(国立大学法人 浜松医科大学 整形外科)
1-S1-1頚椎・頚髄損傷に対する脊柱再建術の考え方と実際
北海道中央労災 せき損センター
○須田 浩太
1-S1-2脊髄障害を伴う病態に対する脊柱再建術 −胸腰椎損傷(MIS 含む)− 
神戸赤十字病院 整形外科
○伊藤 康夫 、菊地  剛
1-S1-3頚椎・胸椎後縦靭帯骨化症に伴う重度脊髄症の治療戦略
1 千葉大学 大学院医学研究院 整形外科、2 筑波大 医学医療系 整形外科
○國府田正雄1、古矢 丈雄1、稲田 大悟 1、神谷光史郎1、 大田 光俊1、牧   聡1、山崎 正志2
1-S1-4椎体骨折による脊柱変形に対する脊柱再建術
浜松医科大学 整形外科
○長谷川智彦 、大和  雄 、小林  祥 、戸川 大輔 、安田 達也 、
  坂野 友啓 、大江  慎 、山田 智裕 、中井 慶一 、松山 幸弘
1-S1-5脊髄障害を伴う脊柱変形:病態と治療戦略
獨協医科大学 整形外科
○稲見  聡
1-S1-6腫 瘍脊椎骨全摘術における脊柱再建術
1金沢医科大学 整形外科、2金沢大学 整形外科
○川原 範夫 1、川口 真史 1、松本 忠美 1、村上 英樹 2、出村  諭 2、富田 勝郎 2、土屋 弘行 2

シンポジウム2 二分脊椎症における医療連携16:10~17:50

座長 小柳  泉(北海道脳神経外科記念病院)
浪間 孝重(東北労災病院 泌尿器科)
1-S2-1脳神経外科領域における二分脊椎症の医療連携
国立成育医療研究センター 脳神経外科
○師田 信人
1-S2-2北海道における二分脊椎症の医療連携
1 北海道立子ども総合医療・療育センター 脳神経外科、2 北海道脳神経外科記念病院
○吉藤 和久1、小柳  泉2
1-S2-3二分脊椎症における医療連携 −妊娠・出産症例と泌尿器科医のかかわり−
独立行政法人地域医療機能推進機構 星ヶ丘医療センター 泌尿器科
○百瀬  均
1-S2-4二分脊椎治療における整形外科の役割
宮城県拓桃医療療育センター 整形外科
○落合 達宏
1-S2-5二分脊椎症児における排泄管理の現状
1 宮城県立こども病院 外来、2 外科、3 泌尿器科、4 脳神経外科
○齋藤 弘美 1、福澤 太一 2、天江新太郎 2、竹本  淳 3、坂井 清英3、白根 礼造 4

9 月11日 第2会場

一般演題1  脊髄変性疾患1 8:40~9:40

座長 飯塚 秀明(金沢医科大学 脳神経外科)
O1-1-1圧迫性頚髄症の定量的評価法「手指 10 秒テスト」と「10 秒足踏みテスト」の年代別標準値
中部ろうさい病院 整形外科
○湯川 泰紹 、加藤 文彦 、伊藤 圭吾 、松本 智宏 、町野 正明 、井上 太郎
O1-1-2占拠率 50% 以上の無症候性頚椎後縦靭帯骨化の画像所見の検討
1 千葉大学 大学院医学研究院 整形外科学、2 筑波大学 医学医療系 整形外科
○古矢 丈雄 1、國府田正雄 1、藤由 崇之 1、稲田 大悟 1、山崎 正志 2
O1-1-3脊柱管狭窄症に対する TLIF 術後の脊柱形態変化
名古屋大学 医学部 脳神経外科
○西村 由介 、原  政人 、灰本 章一 、山本  優
O1-1-4骨粗鬆性脊椎椎体骨折に対する同種骨移植(骨バンク)を用いた脊椎固定術の検討
貢川整形外科病院 整形外科
○池上 仁志 、熊倉  剛 、朝日 盛也 、森下 恭資 、木下 哲也
O1-1-580歳以上の高齢者に対する脊椎手術成績の検討- 術式、周術期合併症、術後経過について-
東京医科歯科大学 大学院 整形外科学
○加藤  剛 、角谷  智 、川端 茂徳 、大川  淳
O1-1-6強直脊椎を合併した頚髄損傷の 3 例
高知医療センター 整形外科
○林  隆宏 、時岡 孝光

一般演題2 脊髄変性疾患2 9:40~10:40

座長 稲見  聡(獨協医科大学 整形外科) 
O1-2-1頸椎椎弓形成術後の ‘ 無症候性 ' 硬膜外血腫は術後成績に影響を与えるか?
1 済生会川口総合病院 整形外科、2 東京医科歯科大 整形外科
○坂井顕一郎 1、新井 嘉容 1、大川  淳 2
O1-2-2頚椎椎弓形成術後再手術例の検討
独立行政法人地域医療機能推進機構 (JCHO) 大阪病院 整形外科
○立石 耕介 、武中 章太 、冨士 武史
O1-2-3頚椎症性脊髄症に対する内視鏡下後方除圧術の長期臨床成績の検討
和歌山県立医科大学 整形外科
○南出 晃人 、吉田 宗人 、山田  宏 、橋爪  洋 、中川 幸洋 、西  秀人
O1-2-4胸椎後縦靭帯骨化症に対する手術治療の検討
獨協医科大学 整形外科
○青木 寛至 、稲見  聡 、森平  泰 、竹内 大作 、司馬  洋 、種市  洋
O1-2-5不安定性を有する腰部脊柱管狭窄症に対する制動術と固定術後の経年的変化
−術後5 年以上経過例−
大分整形外科病院
○酒井  翼 、大田 秀樹 、井口 洋平 、木田 浩隆
O1-2-6腰椎固定術後の腰痛に対する新たな治療戦略
1 釧路労災病院 脳神経外科、2 日本医科大学 千葉北総病院 脳神経センター、3 日本医科大学付属病院 脳神経外科
○岩本 直高 1、井須 豊彦 1、千葉 泰弘 1、金  景成 2、森本大二郎 3、磯部 正則 1

ランチョンセミナー111:40~12:40

座長 戸山 芳昭(慶應義塾大学)
LS1頚髄症における神経障害性疼痛の病態 −手のしびれはどこからくるのか−
山口大学 医学系研究科 整形外科学
○田口 敏彦

イブニングセミナー1 18:00~19:00

座長 伊藤  浩(旭川医科大学 整形外科学講座)
ES1脊髄損傷と脳梗塞に対する再生医療 —医師主導治験—
1 札幌医科大学神経再生医療科、2 札幌医科大学整形外科
○本望  修 1、竹林 庸雄 2、森田 智慶 2、入船 秀仁 2、 吉本 三徳 2、中﨑 公仁 1、浪岡 隆洋 1、浪岡  愛 1、
  岡  真一 1、佐々木優子 1、佐々木祐典 1、山下 敏彦 2

9 月11日 第3会場

一般演題3  脊髄損傷1 8:40~9:40

座長 國府田正雄(千葉大学 大学院医学研究院 整形外科)
O1-3-1非骨傷性頚髄損傷の予後予測 - 初診時MRI を用いた歩行の予後予測-
北海道中央労災病院 せき損センター
○小松  幹 、須田 浩太 、松本 聡子 、安井 啓悟 、東條 泰明
O1-3-2頚髄損傷患者における MRI 画像と神経予後
総合せき損センター
○松下 昌史 、前田  健 、森  英治 、弓削  至 、植田 尊善 、芝 啓一郎
O1-3-3非骨傷性頚髄損傷における亜急性期 MRI(delayed MRI)と臨床所見
中部労災病院 整形外科
○大内田 隼 、湯川 泰紹 、伊藤 圭吾 、松本 智宏 、町野 正明 、加藤 文彦
O1-3-4受傷後 72 時間以内に診断された重篤麻痺を伴う 非骨傷性頚髄損傷に対する保存的治療経過
総合せき損センター 整形外科
○森  英治 、植田 尊善 、前田  健 、弓削  至 、河野  修 、芝 啓一郎
O1-3-5非骨傷性頚髄損傷における脊柱管狭窄が予後に与える影響
1 総合せき損センター 整形外科、2 九州大学 整形外科
○高尾 恒彰 1、岡田 誠司 2、出田 良輔 1、前田  健 1、 植田 尊善 1、芝 啓一郎 1
O1-3-6頚椎脱臼による頸髄損傷例の麻痺回復の検討
新潟市民病院 整形外科
○高橋 郁子 、伊藤 拓緯 、澤上 公彦

一般演題4 リハビリテーション1 9:40〜10:40

座長 小林  茂(福井大学 整形外科・リハビリテーション科)
O1-4-1外傷性頸髄損傷による不全四肢麻痺患者の上肢機能
国立障害者リハビリテーションセンター病院 リハビリテーション部
○井上 美紀 、飛松 好子
O1-4-2外傷性頸髄損傷患者における「できる ADL」と「しているADL」のFIM による検討
埼玉みさと総合リハビリテーション病院 リハビリテーション科
○加藤  剛
O1-4-3外骨格型ロボット下肢装具を用いた対麻痺者の歩行再建の経験
産業医科大学 リハビリテーション医学講座
○和田  太
O1-4-4外傷性脊髄損傷急性期の摂食嚥下障害と呼吸機能、基礎代謝の検討
島根県立中央病院 リハビリテーション科
○永田 智子
O1-4-5入所型自立訓練施設における脊髄損傷患者に対する訓練効果:
リハデータベースに基づく多施設間検討
1 横浜市立大学 附属市民総合医療センター リハビリテーション科、 2 横浜市立大学 附属病院 リハビリテーション科
○菊地 尚久 1、水落 和也 2
O1-4-6当院を退院した脊髄損傷患者の傾向と追跡調査
愛仁会リハビリテーション病院 リハビリテーション科
○松岡美保子 、住田 幹男

ランチョンセミナー211:40~12:40

座長 西沢  理(JA 長野厚生連 安曇総合病院)
LS2神経因性膀胱の診方 : 脊髄が関わる髄膜炎 - 尿閉症候群を含めて
東邦大学医療センター佐倉病院 神経内科
○榊原 隆次

9 月11日 第4会場

一般演題5  腫瘍1 8:40~9:40

座長 山崎 正志(筑波大学 医学医療系 整形外科)
O1-5-1脊髄髄膜腫における手術摘出と機能温存:手術難易度評価の試み
大阪市立大学 大学院医学研究科 脳神経外科
○高見 俊宏 、有馬 大紀 、内藤堅太郎 、阿部 純也 、大畑 建治
O1-5-2頚椎部砂時計腫の神経脱落症状
1 中部労災病院、2 浜松医科大学病院
○ 松本 智宏 1、湯川 泰紹 1、伊藤 圭吾 1、松山 幸弘 2、加藤 文彦 1
O1-5-3脊髄・馬尾腫瘍の手術成績と術後機能予後評価
1 慶應義塾大学 整形外科、2 慶應義塾大学 リハビリテーション医学
○岩波 明生 1、石井  賢 1、里宇 明元 2、戸山 芳昭 1、松本 守雄 1、中村 雅也 1
O1-5-4脊髄硬膜外髄膜嚢胞の臨床的特徴
大阪市立大学 大学院医学研究科 脳神経外科
○内藤堅太郎 、高見 俊宏 、有馬 大紀 、大畑 建治
O1-5-5イ ンドシアニン(ICG)蛍光法による 術中脊髄腫瘍蛍光イメージングの使用経験
1 東邦大学医療センター大橋病院 脊椎脊髄センター、2 東邦大学医療センター大橋病院 整形外科
○伊藤 圭介 1、武者 芳朗 1,2、長張 浩昌 1,2、石井 秀明 2、 金子 卓男 2
O1-5-6脊髄髄内腫瘍術後患者に対する fMRI を用いた脊髄障害性疼痛の定量的評価の試み
慶應義塾大学 整形外科
○堀内 陽介 、岩波 明生 、松本 守雄 、戸山 芳昭 、中村 雅也

一般演題6 基礎1 9:40~10:40

座長 内田 研造(福井大学 医学部器官制御医学講座 整形外科学領域)
O1-6-1脊髄内移植治療における iPS 細胞由来神経幹細胞の免疫原性:
マウスallogeneic な系を用いた検討
1 慶応義塾大学 整形外科学教室、2 慶応義塾大学 生理学教室
○板倉  剛 1,2、岩波 明生 1、岡野 栄之 2、戸山 芳昭 1、 中村 雅也 1
O1-6-2脊髄損傷に対するヒト iPS 細胞由来神経幹細胞移植治療に
おける免疫学的特性についての検討
1 慶應義塾大学 医学部 整形外科、2 慶應義塾大学 医学部 生理学
○尾崎 正大 1、板倉  剛 1,2、岩波 明生 1、岡野 栄之 2、 戸山 芳昭 1、中村 雅也 1
O1-6-3iPS 細胞由来神経幹細胞移植治療後の腫瘍化に対する移植細胞の移植前処置の影響
1 慶應義塾大学 医学部 整形外科学教室、2 慶應義塾大学 医学部 生理学教室
○松林 紘平 1、岩波 明生 1、岡野 栄之 2、戸山 芳昭 1、 中村 雅也 1
O1-6-4マウス中枢神経系へ移植されたヒト iPS 細胞由来神経幹細胞の造腫瘍性評価
1 慶應義塾大学 医学部 整形外科学教室、2 慶應義塾大学 医学部 生理学教室
○堀  桂子 1,2、松林 紘平 1、岩波 明生 1、岡野 栄之 2、 戸山 芳昭 1、中村 雅也 1
O1-6-5iPS 細胞由来神経幹細胞の造腫瘍性評価系の確立
1 慶應義塾大学 医学部 整形外科、2 慶應義塾大学 医学部 生理学教室
○飯田  剛 1、岩波 明生 1、岡野 栄之 2、戸山 芳昭 1、 中村 雅也 1
O1-6-6脊髄損傷に対するヒト iPS 細胞由来神経前駆細胞移植治療に
おける細胞凍結融解の影響の検討
1 慶應義塾大学 医学部 整形外科学教室、2 慶應義塾大学 医学部 生理学教室
○西山雄一郎 1,2、板倉  剛 1,2、岩波 明生 1、戸山 芳昭 1、 岡野 栄之 2、中村 雅也 1

ランチョンセミナー3 11:40~12:40

座長 森田  肇(広田病院)
LS3脊髄疾患患者における下部尿路機能障害の初期評価法と管理法の原則
東京大学 大学院医学系研究科 コンチネンス医学講座
○井川 靖彦

9 月11日 ポスター会場

ポスター1 脊髄損傷 2 / 高齢者・その他 13:30〜14:30

座長 寳子丸 稔(畷生会脳神経外科病院信愛会 脊椎脊髄センター)
P1-1-1高齢者における頚髄損傷の早期合併症
北海道中央労災病院 せき損センター 整形外科
○安井 啓悟 、須田 浩太 、松本 聡子 、森下雄一郎 、小松  幹
P1-1-2NPPV 導入にて退院後に肺炎となった高位頸髄損傷患者からの考察
1 大阪府立急性期・総合医療センター 障害者リハビリテーション病棟、 2 大阪府立急性期・総合医療センター リハビリテーション科
○平山八千子 1、土岐 明子 2
P1-1-3軽微な外傷後に発症した頚椎硬膜外血腫の 2 例
高知医療センター 整形外科
○井上 智雄 、時岡 孝光
P1-1-4慢性期にアロディニアが寛解した中心性頚髄損傷の 1 例
医誠会病院 脳神経外科
○鶴薗浩一郎 、佐々木 学 、梅垣 昌士
P1-1-5Pedicle screw 抜釘後に Chance 骨折をきたした 1 例
1 慶友整形外科病院 慶友脊椎センター、2 村山医療センター 整形外科
○中道 清広 1、竹内 拓海 1、渡邉 泰伸 1、片岡 嗣和 1、 河野  仁 1、斉藤 正史 1、町田 正文 2
P1-1-6ソチパラリンピック大会における脊髄障害者に対する メディカルチェックの報告
1 和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学講座、
2 国際医療福祉大学 三田病院 リハビリテーション科、
3 社会福祉法人黎明会 南台病院
○ 河崎  敬 1、佐々木裕介 1、中村  健 1、草野 修輔 2、 陶山 哲夫 3、田島 文博 1

ポスター1 脊髄損傷 3 / 疫学・診断 13:30~14:30

座長 森  英治(総合せき損センター)
P1-2-1頚椎外傷に伴う外傷性椎骨動脈損傷の疫学と治療ー第 2 報ー
国立病院機構仙台医療センター 脳神経外科
○鈴木 晋介
P1-2-2千葉県における脊髄損傷疫学調査報告(2013 年)
千葉県千葉リハビリテーションセンター 地域連携部 地域支援室
○田中 康之 、吉永 勝訓
P1-2-3 軸椎椎体冠状面骨折の 6 例
群馬大学 大学院 整形外科学
○友松 佑介 、飯塚  伯 、飯塚 陽一 、高岸 憲二
P1-2-4受傷から診断までに時間を要した頚椎脱臼の 1 例
箕面市立病院
○信貴 経夫
P1-2-5骨粗鬆性椎体骨折と多発性骨髄腫との鑑別のための注意点
手稲渓仁会病院 整形外科 脊椎脊髄センター
○青山  剛 、小原 由史
P1-2-6車いすマラソン選手における両坐骨部の超音波検査による評価と座面圧の検討
1 和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学、
2 和歌山県立医科大学 スポーツ温泉医学研究所、
3 那智勝浦町立温泉病院 リハビリテーション科
○幸田  剣 1,2,3、中村  健 1,3、坂野 元彦 1、佐々木裕介 1、 西村 行秀 1、田島 文博 1,2,3

ポスター1 脊髄損傷 4 / 治療 13:30〜14:30

座長 植田 尊善(総合せき損センター)
P1-3-1環軸椎亜脱臼後方固定後の延髄圧迫に対し経口到達法による
歯突起切削術が有効であった一例
国立病院機構名古屋医療センター 脳神経外科
○粟屋 尭之 、高橋 立夫
P1-3-2頚椎損傷に対する最小侵襲頚椎椎弓根スクリュー固定法
(MICEPS 法)はdamage control surgery として有用か
高知医療センター 整形外科
○林  隆宏 、時岡 孝光
P1-3-3強直性脊椎障害に伴う高齢者胸腰椎骨折に対する経皮的椎弓根スクリュー固定術の短期成績
1 済生会川口総合病院 整形外科、2 東京医科歯科大学 整形外科
○鳥越 一郎 1、新井 嘉容 1、相馬  真 1、坂井顕一郎 1、 大川  淳 2
P1-3-4胸腰椎破裂骨折に対する Trio Trauma を用いた手術経験
神戸赤十字病院 整形外科
○菊地  剛 、伊藤 康夫
P1-3-5びまん性脊椎骨増殖症に合併した胸腰椎脊椎骨折における
経皮的椎弓根スクリューを用いた脊椎固定術の検討
和歌山労災病院 整形外科
○松本 卓二 、安藤 宗治 、麻殖生和博
P1-3-6胸 腰移行部骨粗鬆性椎体骨折に対するテリパラチドの治療成績
~患者自記式アンケートによる評価 第1 報~
1 JCHO 埼玉メディカルセンター整形外科、2 慶應義塾大学 整形外科 KSRG
○辻  収彦 1,2、小川 祐人 1,2

ポスター1 脊髄損傷 5 / 基礎 13:30~14:30

座長 中村 雅也(慶應義塾大学 医学部 整形外科学教室)
P1-4-1ラット脊髄切断モデルにおける hyaluronidase-4 の抑制効果
1 金沢医科大学 整形外科、2 金沢医科大学 生理学1、 3 金沢医科大学 総合医学研究所
○清水 義朗 1、奥田 鉄人 1、川原 範夫 1、加藤 伸郎 2、 石垣 靖人 3、松本 忠美 1
P1-4-2高血糖はミクログリアの NF-kB の過度な活性化を介して
脊髄損傷後の二次損傷と機能予後を増悪させる
九州大学大学院 整形外科学分野
○小早川 和 、岡田 誠司 、久保田健介 、横田 和也 、 齊藤 武恭 、芝 啓一郎
P1-4-3ラット坐骨神経由来シュワン細胞シートを用いた脊髄損傷に 対する新たな細胞移植法の検討
1 千葉大学大学院 整形外科学、2 千葉市立青葉病院 整形外科
○稲田 大悟 1、萬納寺誓人 2、古矢 丈雄 1、神谷光史郎 1、 大田 光俊 1、國府田正雄 1
P1-4-4転写因子 KLF6 の脊髄損傷における関与
千葉大学大学院医学研究院 整形外科学
○大田 光俊 、國府田正雄 、古矢 丈雄 、稲田 大悟 、 神谷光史郎 、牧   聡
P1-4-5老化に伴う脊髄脆弱性の病態の検討 −α -crystallin B subunit に注目して−
千葉大学 大学院医学研究院 整形外科
○神谷光史郎 、國府田正雄 、大田 光俊 、牧   聡 、 稲田 大悟 、古矢 丈雄

ポスター1 リハビリテーション2 13:30~14:30

座長 里宇 明元(慶應義塾大学 医学部 リハビリテーション医学教室)
P1-5-1頸髄損傷患者の褥瘡発生に対する他職種チームによる
包括的な介入—特にPT の役割の重要性—
1 愛仁会リハビリテーション病院 リハ技術部 理学療法科、 2 愛仁会リハビリテーション病院 診療部
○氏内 康友 1、住田 幹男 2
P1-5-2慢性期不全頚髄損傷者にロボットスーツ HAL を用いた 歩行練習の効果の検討
1 神奈川リハビリテーション病院 理学療法科、 2 神奈川リハビリテーション病院 リハビリテーション医学科
○相馬 光一 1、丸谷 守保 1、横山  修 2
P1-5-3 A IS-C 頚損に対するリハビリテーション・パスの試み
北海道中央労災病院 せき損センター
○佐藤 貴一 、戸渡富民宏 、松本 聡子 、須田 浩太
P1-5-4頸髄損傷による完全四肢麻痺から屋内歩行自立した一例
1 七沢リハビリテーション病院 脳血管センター 理学療法科、
2 神奈川リハビリテーション病院 理学療法科、
3 神奈川リハビリテーション病院 リハビリテーション医学科
○鳥山 貴大 1、丸谷 守保 2、相馬 光一 2、藤縄 光留 2、 高内 裕史 3、横山  修 3
P1-5-5脊髄損傷、重複障害(大腿切断・慢性心不全・心原性脳塞栓症・
失語症)を呈した症例の在宅復帰への介入
愛仁会リハビリテーション病院 リハ技術部 理学療法科
○渡壁 利考 、住田 幹男
P1-5-6後頭骨 ‐ 第 3 胸椎固定術後に起き上がり動作の
リハビリテーションを実施した関節リウマチの一症例
1 医療法人医誠会医誠会病院 リハビリテーション部、 2 医療法人医誠会医誠会病院 脳神経外科 脊椎脊髄センター
○森本  梓 1、松野 正幹 1、鶴薗浩一郎 2、梅垣 昌士 2、 佐々木 学 2

ポスター1 リハビリテーション3 13:30〜14:30

座長 吉永 勝訓(千葉県千葉リハビリテーションセンター)
P1-6-1広範囲脊椎固定術を施行した患者の姿勢・動作に対する 運動療法の一考察
1 医療法人医誠会医誠会病院 リハビリテーション部、 2 医療法人医誠会医誠会病院 脳神経外科 脊椎脊髄センター
○畠  朋成 1、西田  藍 1、松野 正幹 1、鶴薗浩一郎 2、 梅垣 昌士 2、佐々木 学 2
P1-6-2腰部脊柱管狭窄症患者における運動麻痺の QOL への影響
1 国際医療福祉大学三田病院 リハビリテーション室、2 国際医療福祉大学三田病院 リハビリテーション科、
3 国際医療福祉大学三田病院 脊椎脊髄センター
○井川 達也 1、草野 修輔 2、朝本 俊司 3、福井 康之 3
P1-6-3腰部脊柱管狭窄症における神経根ブロック前後の歩行比較
1 国際医療福祉大学三田病院 リハビリテーション室、2 国際医療福祉大学三田病院 リハビリテーション科、
3 国際医療福祉大学三田病院 脊椎脊髄センター
○保坂  亮 1、草野 修輔 2、朝本 俊司 3、福井 康之 3
P1-6-4顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術後に右股関節外転筋力低下 を生じた1 例
1 社会医療法人財団池友会 新小文字病院、 2 国立大学法人 九州工業大学大学院 生命体工学研究科、
3 一般社団法人巨樹の会 新武雄病院
○渡辺 一也 1,2、善明 雄太 1、土方 保和 1、隈元 真志 1、 高橋 雄一 1、西田 憲記 3
P1-6-5自動車手動運転装置における反応速度の検証
1 千葉県千葉リハビリテーションセンター リハビリテーション療法部、 2 千葉県千葉リハビリテーションセンター 診療部
○高浜 功丞 1、吉永 勝訓 2
P1-6-6脊髄損傷者の住宅改修における調査
北海道中央労災病院 せき損センター
○京谷 政昭 、戸渡富民宏 、松本 聡子 、須田 浩太

ポスター1 腫瘍2 13:30~14:30

座長 鷺内 隆雄(イムス富士見総合病院 脳神経外科)
P1-7-1自然縮小した傍頚椎デスモイド腫瘍の一例
慶應義塾大学 医学部 整形外科
○星野  裕 、岩波 明生 、石井  賢 、松本 守雄 、 戸山 芳昭 、中村 雅也
P1-7-2長期生存した脊髄原発神経膠芽腫の一例
1 大洲中央病院 脳神経外科、2 愛媛大学 医学部 脳神経外科
○重川 誠二 1、松井 誠司 2
P1-7-3症候性徐脈を呈し Temporary Pacing を用いた C1 髄膜腫の 1 例
奈良県立医科大学 医学部 脳神経外科
○田中 祥貴 、中瀬 裕之 、竹島 靖浩
P1-7-4脊椎原発悪性リンパ腫の 1 症例
藤枝平成記念病院 脊髄脊椎疾患治療センター
○河岡 大悟 、花北 順哉 、高橋 敏行 、渡邊 水樹 、 宮田  武 、服部 悦子
P1-7-5脊髄髄内に発生した骨化を伴う脂肪腫の一例
慶應義塾大学 医学部 整形外科学教室
○小島 孝太 、岩波 明生 、石井  賢 、松本 守雄 、 戸山 芳昭 、中村 雅也
P1-7-6小児腰椎硬膜内類皮嚢腫の一例
1 東邦大学 医学部 整形外科学講座 (大橋)、 2 東邦大学医療センター大橋病院 脊椎脊髄センター
○石井 秀明 1,2、武者 芳朗 1,2、伊藤 圭介 2、長張 浩昌 1,2

ポスター1 腫瘍3 13:30~14:30

座長 花北 順哉(藤枝平成記念病院)
P1-8-1脊髄外科訓練施設における脊髄腫瘍患者の受診動向についての検討
藤枝平成記念病院 脊髄脊椎疾患治療センター
○服部 悦子 、花北 順哉 、高橋 敏行 、渡邊 水樹 、 河岡 大悟 、宮田  武
P1-2-2急激に脊髄症状を来たし悪化した脊柱管内肉芽腫の一例
国際親善総合病院 脳神経外科
○阿部 克智 、谷崎 義徳 、飯田 秀夫
P1-2-3胸椎硬膜外海綿状血管腫の 1 例
1 東邦大学 整形外科、2 東邦大学病院 病理
○深野 綾一 1、飯田 泰明 1、和田 明人 1、竹内 重太 1、 渋谷 和俊 2、高橋  寛 1
P1-2-4脊髄髄内に発生した melanocytoma の 1 例
1 済生会川口総合病院 整形外科、2 東京医科歯科大学 整形外科
○友利 正樹 1、新井 嘉容 1、坂井顕一郎 1、大川  淳 2
P1-2-5神経症状を呈した仙椎血管腫の 1 例
杏林大学 医学部 整形外科
○相原 大和 、長谷川 淳 、長谷川雅一 、佐野 秀仁 、 高橋 雅人 、市村 正一
P1-2-6腫瘍内出血に伴い急激に胸髄症症状を呈した神経鞘腫の 1 例
金沢医科大学 整形外科
○川口 真史 、川原 範夫 、清水 義朗 、松本 忠美

ポスター1 血管障害・血糖 13:30~14:30

座長 川原 範夫(金沢医科大学 整形外科)
P1-9-1外科的手術加療を行った特発性脊髄硬膜外血腫の 5 症例
1 久留米大学 脳神経外科、2 うちかど脳神経外科クリニック
○宮原 孝寛 1、服部 剛典 1、内門 久明 2、森岡 基浩 1
P1-9-2脊髄硬膜外血腫 21 例についての検討
1 神奈川県立足柄上病院、2 湘南鎌倉総合病院 脳神経外科
○遠藤  聡 1、野地 雅人 1、権藤 学司 2
P1-9-3上肢麻痺で発症し、硬膜外腫瘍と鑑別を要した 急性脊髄硬膜外血腫の1 例
1 高松市民病院 整形外科、2 NHO 高知病院 整形外科
○林 二三男 1,2、篠原 一仁 2、小林  亨 2
P1-9-4 血管内塞栓術第一選択下で直達手術を要した脊髄動静脈奇形の検討
近畿大学 医学部 奈良病院 脳神経外科・脊髄外科
○中西 欣弥 、渡邉  啓 、片岡 和夫
P1-9-5脊髄脂肪腫を伴った脊髄動静脈奇形の 2 例
慶應義塾大学 整形外科
○堀内 陽介 、岩波 明生 、日方 智宏 、松本 守雄 、 戸山 芳昭 、中村 雅也

ポスター1 感染症・炎症 13:30~14:30

座長 高橋  寛(東邦大学医療センター大森病院 整形外科)
P1-10-1関節リウマチに伴う環軸椎後方脱臼の 1 例
金沢医科大学 整形外科
○川口 真史 、川原 範夫 、清水 義朗 、松本 忠美
P1-10-2胸腰椎移行部レベルに発生し、著明な脊髄症状を来した 硬膜内ヘルニアの一例
帝京大学 医学部 整形外科
○山田 和明 、山本  巌 、平林  茂 、松下  隆
P1-10-3腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術施行後の化膿性椎間板炎発症 の危険因子の検討
1 東京歯科大学市川病院整形外科、2 慶應義塾大学医学部整形外科学教室、 3 防衛医科大学校整形外科、
4 慶應義塾大学先進脊椎脊髄病治療学、 5 国立病院機構村山医療センター整形外科、
6 国際医療福祉大学三田病院整形外科、 7 Keio Spine Research Group( KSRG)
○二宮  研 1,7、藤田 順之 2,7、石井  賢 2,7、細金 直文 3,7、 日方 智宏 2,7、渡辺 航太 4,7、
  金子慎二郎 5,7、福井 康之 6,7、 白石  健 1,7、戸山 芳昭 2,7、松本 守雄 2,7
P1-10-4化膿性脊椎炎に伴った注意すべき合併症
八戸市立市民病院 整形外科
○金子 高久 、末綱  太
P1-10-5L 4/5 椎間板ヘルニアとの鑑別を要した帯状疱疹に伴う下垂足の一例
伊勢原協同病院 整形外科
○中島 大輔 、野尻 賢哉 、高畑 武司

ポスター1 先天奇形 13:30〜14:30

座長 師田 信人(国立成育医療研究センター 脳神経外科)
P1-11-1追加手術を必要とした脊髄空洞症を伴った小児キアリ I 型奇形の検討
1 北海道大学 医学部 脳神経外科、2 札幌麻生脳神経外科病院
○関  俊隆 1、飛騨 一利 2、宝金 清博 1
P1-11-2脊髄再係留症候群に対する手術治療
奈良県立医科大学 脳神経外科
○朴  永銖 、竹島 靖浩 、中瀬 裕之
P1-11-31990 年以降の当科における脊髄係留症候群(tethered cord syndrome:TCS)の治療成績
東京医科歯科大学 大学院 整形外科学
○加藤  剛 、川端 茂徳 、角谷  智 、大川  淳
P1-11-4成人円錐部脊髄脂肪腫の手術
1 北海道脳神経外科記念病院、 2 北海道立子ども総合医療療育センター 脳神経外科、3 宮の沢脳神経外科病院
○小柳  泉 1、山内 朋裕 1、今村 博幸 1、吉藤 和久 2、 村上 友宏 3
P1-11-5臀部痛で発症した前仙骨髄膜瘤(奇形腫)の 1 例
北海道脳神経外科記念病院 脳神経外科
○山内 朋裕 、今村 博幸 、小柳  泉

ポスター1 基礎・その他 13:30~14:30

座長 田口 敏彦(山口大学 大学院医学系研究科 整形外科)
P1-12-1健常者、頸髄損傷者の呼吸における胸郭・腹部の動き
大阪府立急性期・総合医療センター リハビリテーション科
○土岐 明子 、渡邉  学 、山中  緑 、野口 和子
P1-12-2脊髄損傷後の急性期高血糖は運動麻痺を有意に阻害する因子である
1 九州大学 医学部 整形外科、2 総合せき損センター
○岡田 誠司 1、小早川 和 1、出田 良輔 2、芝 啓一郎 2、 岩本 幸英 1
P1-12-3遺伝性痙性対麻痺患者に対するバクロフェン治療の効果
1 国立病院機構村山医療センター 整形外科、 2 国立病院機構村山医療センター リハビリテーション科
○竹光 正和 1、町田 正文 1、朝妻 孝仁 1、宇内  景 2、 植村  修 2
P1-12-4稀な小児神経変性疾患(SENDA) による四肢の過緊張に対し
バクロフェン髄腔内投与療法が奏功した1 例
群馬大学 医学部 脳神経外科
○本多 文昭
P1-12-5脊髄刺激療法後に歩行障害が改善した 1 例
医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院 脳神経外科
○村上 友宏 、松村 茂樹
P1-12-6上殿皮神経障害の外科治療に関する検討
1 日本医科大学 千葉北総病院 脳神経センター、2 釧路労災病院 脳神経外科、 3 日本医科大学 脳神経外科
○金  景成 1、井須 豊彦 2、國保 倫子 1、森本大二郎 3、 小林 士郎 1

ポスター1 その他・手術関連 13:30~14:30

座長 橘  滋國(亀田総合病院 脊椎脊髄外科)
P1-13-1後外側進入による C1 外側塊スクリューの新たな刺入方法 ー最小侵襲上位頚椎固定術—
高知医療センター 整形外科
○時岡 孝光 、林  隆宏 、井上 智雄
P1-13-2特発性脊髄空洞症の治療経験
1 JA 秋田厚生連 かづの厚生病院 脳神経外科、2 岩手医科大学 脳神経外科
○石垣 大哉 1、菅原  淳 2
P1-13-3頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)に対する osteoplstic vertebrotomy
1 名古屋大学 大学院医学研究科 脳神経外科、2 稲沢市民病院 脳神経外科
○原  政人 1、西村 由介 1、山本  優 1、灰本 章一 1、 中島 康博 2
P1-13-4脊髄外科における髄液漏修復方法
千葉徳洲会病院 脳神経外科
○北原 功雄
P1-13-5X 染色体優性低リン血症性ビタミン D 抵抗性くる病に伴う
脊柱靭帯骨化に対し多数回手術を要した1 例
秀和総合病院 整形外科
○折井 久弥
P1-13-6重傷骨盤骨折に対するガルベストン法の応用
独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター 脳神経外科
○高橋 立夫 、須崎 法幸 、粟屋 堯之

ポスター1 その他

座長 市村 正一(杏林大学 医学部 整形外科)
P1-14-1圧迫性頚髄症急性増悪期における脳脊髄液中phosphorylated
neurofilament subunit NF-H( pNF-H) の発現
1 東邦大学医療センター佐倉病院 整形外科、 2 千葉大学 大学院医学研究院 整形外科学
○ 高橋  宏 1、青木 保親 1、中島  新 1、寺島 史明 1、 國府田正雄 2、中川 晃一 1
P1-14-2脊髄手術合併症としての神経障害~その対策と施設連携の重要性
1 日本医科大学多摩永山病院 脳神経外科、 2 日本医科大学千葉北総病院 脳神経センター、3 釧路労災病院 脳神経外科
○木暮 一成 1、金  景成 2、井須 豊彦 3
P1-14-3特発性血小板減少性紫斑病を合併した脊髄手術の周術期管理
1 千葉大学 大学院医学研究院 整形外科学、2 筑波大学 医学医療系 整形外科
○古矢 丈雄 1、大河 昭彦 1、國府田正雄 1、神谷光史郎 1、 山崎 正志 2
P1-14-4当院での BKP の術後新規椎体骨折の実態
杏林大学 医学部 整形外科
○佐野 秀仁 、長谷川雅一 、高橋 雅人 、長谷川 淳 、市村 正一
P1-14-5精神疾患に罹患している脊髄損傷患者のリハビリ看護
和歌山県立医科大学附属病院
○西山 涼子

9月12日のプログラム≫

▲ページ上部に戻る

COPYRIGHT (C) The 49th Annual Meeting of the Japan Medical Society of Spinal Cord Lesion