プログラム

※現時点での予定(日時、タイトル、演題名等)プログラムとなりますことをご了承ください。

特別講演

6月14日(金) 午後予定

「つたえるのは命 つなぐのは命」

講師:坂東  元(旭山動物園 園長)
司会:柿崎 秀宏(旭川医科大学 腎泌尿器外科)

教育講演

6月15日(土) 午前予定

「高齢者の快便を目指す便秘診療」

講師:奥村 利勝(旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野 教授)
司会:本間 之夫(日本赤十字医療センター 院長)

シンポジウム1

6月14日(金) 午前予定

「高齢者の下部尿路機能障害に対する行動療法と薬物療法を再考する(仮)」

司会:西村かおる(日本コンチネンス協会)
吉田 正貴(国立長寿医療研究センター 泌尿器科)
高齢者の過活動膀胱に対する薬物療法(仮)
野宮 正範(国立長寿医療研究センター 泌尿器外科)
低活動膀胱に対する薬物療法を再考する(仮)
関戸 哲利(東邦大学医療センター大橋病院 泌尿器科)
排尿誘導の種類と効果(仮)
佐藤和佳子(山形大学医学系研究科 看護学専攻)
高齢者の骨盤底筋訓練(仮)
谷口 珠実(山梨大学大学院総合研究部 医学域健康・生活支援看護学講座)
共催:グラクソ・スミスクライン株式会社

シンポジウム2

6月14日(金) 午後予定

「高齢者の泌尿器がんの外科的治療と周術期管理の最前線:筋層浸潤性膀胱癌」

司会:久米 春喜(東京大学 泌尿器外科学分野)
三股 浩光(大分大学 泌尿器科)
高齢者の筋層浸潤性膀胱癌 治療成績、合併症(仮)

川合 剛人(東京大学医学部泌尿器外科学)
高齢者の膀胱全摘 術式の選択(再建方法、LNDの有無など)で考慮すべきこと(仮)
秦  聡孝(大分大学医学部腎泌尿器外科学)
高齢者でのRARCの経験(仮)
大山  力(弘前大学大学院医学研究科 腎泌尿器科学講座)
膀胱全摘非適応の高齢者の治療方法(仮)
北村  寛(富山大学大学院医学薬学研究部 腎泌尿器科学講座)
高齢者のストマ管理のコツ 高齢者への上手な指導のポイント(仮)
小柳 礼恵(東京大学医学部附属病院)

シンポジウム3

6月14日(金) 午後予定

「超高齢社会における地域包括ケアと排泄ケアへの取り組み」

司会:後藤 百万(名古屋大学大学院医学系研究科 泌尿器科学)
谷口 珠実(山梨大学大学院総合研究部 医学域健康・生活支援看護学講座)
地域包括ケアとフレイル・認知症(仮)
長谷川 浩(杏林大学医学部 総合医療学)
加齢と下部尿路機能変化(仮)
馬嶋  剛 (名古屋大学大学院医学系研究科 泌尿器科学)
在宅における排尿ケアの現状と課題(仮)
山川みやえ(大阪大学大学院医学系研究科)
地域における排尿ケアへの取り組み
~三鷹市・武蔵野・小金井排尿障害勉強会の15年を振り返る~(仮)
田中 良典(武蔵野赤十字病院 泌尿器科)

シンポジウム4

6月15日(土) 午後予定

「排尿自立指導料の光と影(仮)」

司会:髙橋  悟(日本大学医学部泌尿器科学系泌尿器科学分野)
吉田美香子(東京大学大学院医学系研究科 社会連携講座 イメージング看護学)
排尿自立指導 軌跡と進路 (仮)
渡邊千登世(神奈川県立保健福祉大学)
有効性の検証(仮)
加瀬 昌子(地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院)
超急性期病院での現状と課題(仮)
新美 文彩(国立国際医療研究センター 泌尿器科)
排尿ケアラウンドにおける作業療法士の取り組み~見えてきた役割と強み~(仮)
永井 克弥(国民健康保険小松市民病院  リハビリテーション科)

骨盤底筋トレーニングセミナー

6月14日(金) 午後予定

「高齢者の尿失禁に携わる多職種の結束」

司会:鈴木 基文(東京大学 泌尿器外科学分野)
青木 芳隆(福井大学医学部器官制御医学講座 泌尿器科学)
演者:梶原 敦子(ウエルビーイングオフィスK / 日本コンチネンス協会)
今西 里佳(新潟医療福祉大学 作業療法士)
海法 康裕(東北医科薬科大学 泌尿器科)
松永 明子(東京大学医学部附属病院 リハビリテーション科 理学療法士)
共催:株式会社大塚製薬工場

骨盤底筋ハンズオンセミナー

6月15日(土) 午後予定

学会助成金研究報告

6月15日(土) 午前予定

ランチョンセミナー

6月14日(金)・15日(土)

イブニングセミナー

6月14日(金)