第53回 日本高気圧環境・潜水医学会学術総会

会期:2018年11月30日(金)~12月1日(土)
会場:旭川市大雪クリスタルホール

日程表

プログラム

第53回日本高気圧環境・潜水医学会学術総会
演 題 日 程

企画講演、シンポジウム、ワークショップ他 | 一般演題

■一般演題1 症例

11月30日(金) 9:55~10:51  第2会場

座長:中島  正一(社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院)
   小池祥一郎(独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター)

1-1 「浅深度における潜水事故の二症例」
演者:清水 徹郎(南部徳洲会病院 高気圧治療部)
1-2 「高気圧酸素治療が有効であった腸腰筋膿瘍の1例」
演者:土井 智章(岐阜大学医学部附属病院 高度救命救急センター)
1-3 「仙骨部、大転子部の難治性潰瘍に対して高気圧酸素治療が有効であった1例」
演者:髙橋 竜平(医療法人社団進和会 旭川リハビリテーション病院 臨床機器管理課)
1-4 「慢性骨髄炎の急性増悪に対し有茎筋弁の充填後に高気圧酸素治療を行った2例」
演者:石垣 大介(済生会山形済生病院 整形外科)
1-5 「虚血皮弁により組織壊死が見られた患者に対して長期高気圧酸素治療を行い改善
    した一例」
演者:山之内康浩(医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院)
1-6 「減圧症が疑われHBOを施行したが硬膜内くも膜のう胞であった症例」
演者:小野寺慧洲(北海道大学病院 麻酔科)
1-7 「術後心肺停止蘇生後の意識障害に第一種高気圧装置にて治療をおこなった一例」
演者:宮庄 浩司(福山市民病院)

■一般演題2 臨床

11月30日(金) 10:55~11:51  第2会場

座長:川嶌 眞之(社会医療法人玄真堂 川嶌整形外科病院)
   吉田 泰行(医療法人社団威風会 栗山中央病院)

2-1 「第1種装置での高気圧酸素治療で改善に乏しかった脊髄型減圧症に対し
    US Navy TT6が有用であった一例」
演者:塩田 幹夫(東京医科歯科大学)
2-2 「当院における放射線性出血性直腸炎・膀胱炎の治療成績」
演者:山本 尚輝(東京医科歯科大学医学部附属病院 高気圧治療部)
2-3 「突発性難聴の高気圧酸素療法における治療効果についての検討」
演者:春田 良雄(公立陶生病院 臨床工学部)
2-4 「突発性難聴に対する高気圧酸素治療の効果:当院における過去1年間のデータ解析」
演者:高澤 知規(群馬大学医学部附属病院 集中治療部)
2-5 「第1回日本高気圧環境・潜水医学会東海北陸地方会 開催報告と岐阜宣言」
演者:山田実貴人(社会医療法人 厚生会木沢記念病院)
2-6 「当院における高気圧酸素治療患者の感染対策について」
演者:遠藤 汐梨(札幌麻生脳神経外科病院 臨床工学科)
2-7 「当院の第2種高気圧酸素治療装置の使用状況」
演者:丹保亜希仁(旭川医科大学 救急医学講座)

■一般演題3 学会賞選定演題

11月30日(金) 15:00~15:56  第2会場

座長:柳下 和慶(東京医科歯科大学 医学部附属病院 高気圧治療部)
   藤田   智(旭川医科大学 救急医学講座)

3-1 「千葉労災病院における顎骨への高気圧酸素の現状報告」
演者:長見 英治(千葉労災病院 臨床工学部)
3-2 「消化器疾患および腹腔内膿瘍に対する高気圧酸素療法(HBO)の有用性
    -特に感染性疾患に対する効果と栄養改善効果について-」
演者:平井 一郎(三友堂病院 外科)
3-3 「泌尿器科手術後、吻合不全・瘻孔の治療に難渋したがHBO追加治療が有効で
    あった4例」
演者:南  彰紀(大阪市立大学医学部 泌尿器病態学)
3-4 「高気圧酸素治療におけるマットの選定をおこなって」
演者:新家 和樹(医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院 臨床工学科)
3-5 「高気圧酸素治療における高濃度酸素マスクの選択」
演者:寺田 直正(横浜労災病院 臨床工学部)
3-6 「当院における高気圧酸素治療定期訓練の取り組み」
演者:川田 慎一(鹿児島市医師会病院 高気圧酸素治療室)
3-7 「静岡県東部で発生する海難事故に関するメディカルコントロール(MC)体制
    について」
演者:石川 浩平(順天堂大学医学部附属静岡病院)

■一般演題4 病態1

11月30日(金) 16:00~16:40  第2会場

座長: 松田範子(日本医科大学付属病院 消化器外科)

4-1 「唾液中コルチゾール値からみたインストラクターダイバーの就労時ストレス」
演者:森松 嘉孝(久留米大学医学部 環境医学講座)
4-2 「減圧障害のバイオマーカーとしてのプロカルシトニン」
演者:近藤  豊(順天堂大学医学部附属浦安病院 救急診療科)
4-3 「高気圧酸素治療は圧挫損傷骨格筋内のNFκBを抑制し、IL-10の分泌を促進する」
演者:小柳津卓哉(済生会川口総合病院 整形外科)
4-4 「高圧環境下における最大筋力発揮時の両側性機能低下」
演者:岩川 孝志(海上自衛隊 潜水医学実験隊)
4-5 「癌と低酸素及び高気圧酸素治療 その3」
演者:吉田 泰行(威風会栗山中央病院 耳鼻咽喉科・健康管理課)

■一般演題5 病態2

11月30日(金) 16:40~17:20  第2会場

座長:大久保 淳(東京医科歯科大学医学部附属病院)
   瀧   健治(札幌東徳洲会病院)

5-1 「気管切開患者における2種類のマスクを用いた際の経皮的酸素分圧の検討」
演者:宮本 聡子(東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター)
5-2 「頚椎装具使用によるマスクフィッティングが経皮酸素分圧へ及ぼす影響」
演者:桜沢 貴俊(東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター)
5-3 「高気圧酸素治療下でのレーザドプラ血流計を用いた耳朶血流測定」
演者:前田 卓馬(東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター)
5-4 「高気圧酸素治療下における一酸化炭素中毒患者へのSpCO測定を行った2症例」
演者:佐藤 貴彦(旭川医科大学病院 臨床工学技術部門)
5-5 「第1種装置で応急治療後に転院し第2種装置で再圧治療し軽快した
    内耳型減圧障害の一例」
演者:鈴木 信哉(1)亀田総合病院、
         2)日本海洋レジャー安全・振興協会(DAN JAPAN)

■一般演題6 診療報酬改定 

12月1日(土) 9:30~10:30  第2会場

座長: 野原   敦(鈴鹿医療科学大学)

特別発言
 「2018年診療報酬改定の経緯と改定後の問題点」
演者:柳下 和慶(日本高気圧環境・潜水医学会代表理事)
6-1 「高気圧酸素治療の診療報酬改定により治療継続困難となった1例」
演者:稲垣 伸洋(大分市医師会立アルメイダ病院 救急・集中治療科)
6-2 「診療報酬改定による当院の影響」
演者:間中 泰弘(医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院 臨床工学科)
6-3 「診療報酬改定前後の診療科別による施行件数変化」
演者:杉山 知泰(社会医療法人厚生会 木沢記念病院 臨床工学課)
6-4 「当院における高気圧酸素治療についての医師アンケート調査」
演者:東  幸司(済生会松山病院 ME部)
6-5 「平成30年4月診療報酬改定に伴う高気圧酸素治療実施施設の現状
    ~近畿地区におけるアンケート結果より~」
演者:大江与喜子(医療法人財団樹徳会 上ヶ原病院)

■一般演題7 研究

12月1日(土) 10:30~11:30  第2会場

座長:桐木 園子(日本医科大学)

7-1 「高気圧酸素治療下の発火と燃焼
    第1報 大気圧下酸素濃度と衣類素材の発火・燃焼」
演者:鎌田  桂(高気圧酸素治療安全協会)
7-2 「高気圧酸素治療下の発火と燃焼
    第2報 大気圧100%酸素環境での医療材料の発火と燃焼
    (特に外用薬について)」
演者:鈴木 義博(高気圧酸素治療安全協会)
7-3 「高気圧酸素治療下の発火と燃焼
    第3報 2ATA空気加圧と酸素加圧環境での治療用シーツの発火と燃焼」
演者:鈴木 義博(高気圧酸素治療安全協会)

■一般演題8 現状と課題

12月1日(土) 14:00~15:04  第2会場

座長:鈴木 信哉(亀田総合病院 救命救急科、高気圧酸素治療室)

8-1 「山形県内における高気圧酸素治療の現状と課題」
演者:三春 摩弥(山形大学医学部附属病院 臨床工学部)
8-2 「当施設における高気圧酸素療法の現状と課題
    〜高気圧酸素治療装置設置から4年〜」
演者:小林未央子(東京都立墨東病院 救命救急センター)
8-3 「当院でのHBOに対する業務改善と過去3年間の実績」
演者:西山 和芳(JA愛知厚生連豊田厚生病院 臨床工学技術科)
8-4 「当院における第二種高気圧酸素治療の運用について
    日本最北端の第二種装置」
演者:中山 克明(旭川医科大学病院 診療技術部門 臨床工学科)
8-5 「大深度圧気工事の課題に対する具体的な活動及び施策」
演者:近藤 俊宏(オリエンタル白石株式会社)
8-6 「水上減圧法の運用管理」
演者:望月  徹(東京慈恵会医科大学)
8-7 「緊急時に再圧治療が困難な地域に対する治療施設情報の提供
    -和歌山県串本の1事例-」
演者:新関 祐美(1)(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会、
         2)東京医科歯科大学医学部附属病院 高気圧治療部、
         3)草加市立病院整形外科)
8-8 「高気圧酸素療法の件数増加に伴う安全対策」
演者:加藤 恭浩(社会医療法人厚生会木沢記念病院 臨床工学課)

■一般演題9 治療・検討

12月1日(土) 15:05~15:53  第2会場

座長:小島 泰史(東京医科歯科大学医学部附属病院)

9-1 「高気圧酸素治療における臨床実習指導の必要性」
演者:向畑 恭子(医療法人沖縄徳洲会 南部徳洲会病院 臨床工学部)
9-2 「高気圧酸素治療における医薬品の持ち込みの検討」
演者:甲斐雄多郎(社会医療法人共愛会 戸畑共立病院 臨床工学科)
9-3 「第1種高気圧酸素治療装置のストレッチャーにおける胸骨圧迫について」
演者:白石 卓也(社会医療法人共愛会 戸畑リハビリテーション病院)
9-4 「当院における高気圧酸素治療の中止患者数とその理由」
演者:小川  駿(札幌麻生脳神経外科病院 臨床工学科)
9-5 「ハムストリング肉離れに対する高気圧酸素治療介入による
    競技復帰日数の検討」
演者:大原 敏之(東京医科歯科大学)
9-6 「「頚性耳鳴」に対する高気圧酸素療法(HBO)とリハビリ(運動療法)の効果」
演者:井上  治(江洲整形外科クリニック)

企画講演、シンポジウム、ワークショップ他 | 一般演題