The 35th northern Japan interventional radiology
IVR 35 サブイメージ
IVR 35 イメージ

ご挨拶

第35回北日本インターベンショナルラジオロジー研究会
当番世話人 櫻井 康雄

(医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院
 放射線診断科)

このたび第35回北日本IVR研究会を2022年9月3日に札幌の北海道大学学術交流会館で開催させて頂くこととなりました。
2020年の第33回は中止、2021年の第34回はWeb開催となり、今回は2019年第32回の新潟開催以来3年ぶりの現地開催となります。会が開催される頃に新型コロナウイルスの感染状況がどうなっているか予想は難しく、現時点で現地開催が確実にできるという保証はありませんが、「いつまでも自粛なんてしていられるか。創意と工夫で新型コロナウイルスに打ち勝つ」という強い気持ちがあればなんとかなるはずという根拠のない確信の元に現地開催を前提に準備を進めております。
自分が本格的にIVRを始めたのは1990年と今から約30年ほど前ですが、その頃はHCCに対するTACEが花盛り、リザーバー(今はポートですね)とメタリックステントが導入されて間もない頃で、まさにIVRの高度成長期と言ってもいいような活気に満ちあふれていたように思います。各種研究会、学会での熱のこもった、討論と言うよりもバトルと言った方がいいような殺気だった雰囲気は強烈に印象に残っています。今回のテーマは「IVRのこれからを考える」としました。このような面白みのないテーマにすることに多少抵抗はありましたが、やはり自分がIVRを始めた1990年代の頃と比較すると、わくわくするような目新しい手技が少なく、仕事も先細っている印象をぬぐえません。当初は放射線科が主導していたメタリックステントは他科が扱うことが多くなり、IVR発展の立役者であるHCCに対するTACEは、HCCの減少と分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬の登場により出番が肌感覚で減ってきています。今、IVR業界はそこそこきつめの曲がり角にさしかかっているのではないでしょうか。
新型コロナウイルスは新しい治療に対抗するようにどんどん変異し、世界中に拡散しています。ここだけはウイルスを見習って、われわれもどんどん変化し進化して、新しい領域に進出し、さらに他科の医師や一般の方への認知度を拡げて、新しい波を創っていく必要があるのではないでしょうか。
この会が少しでも明日のIVRの発展のきっかけになればと願いを込めて、「IVRist,be ambitious!」。札幌でお会いでき、face to faceで活発な討論ができ、すすきので美味しいお酒を飲めることを楽しみにしております。