MENU

MENU

当番世話人挨拶Greeting

【当番世話人】
竹政伊知朗
(札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座 教授)
会長
2023年9月吉日
謹啓、時下ますますのご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、来る2024年5月31日(金)・6月1日(土)に、札幌プリンスホテル 国際館パミールにて「日本蛍光ガイド手術研究会第7回学術集会」を開催させていただくことになりました。現在COVID-19は、感染症法上の位置づけが2023年5月8日に「5類」に移行したことを踏まえ、日本蛍光ガイド手術研究会学術集会本来の交流の場を提供すべく、十分な感染対策の上現地開催を目指して準備を進めています。

蛍光ガイド手術は今や手術の中心的な役割を果たす技術です。通常光ではアプローチできない臨床上の様々な問題点を解決する大きな役割を果たしています。本邦でも、蛍光ガイド手術を用いた臨床試験が行われ、直腸癌におけるランダム化比較試験において縫合不全の低下に関する有効性を世界で初めて報告されました。
本学術集会のテーマは「Advanced Visualizationがもたらす手術の新時代」としました。各領域において蛍光ガイド手術がもたらした新たな局面や経験などを発表いただき、盛会になるよう準備を進めています。
第7回もこれまでの学術集会に倣い全国からの多くの参加者により、多種多様なアイデアに基づく英知を集積し、今後の蛍光ガイド手術の発展に寄与できることを願っております。

 つきましては、有意義な学会となりますよう事務局一同鋭意準備を進めて参りますので、是非ともご協力、ご支援賜りますようお願い申し上げます。
 末筆になりますが、貴社・貴団体の益々のご発展を祈念申し上げます。
謹白
Copyright© jsfgs7 All Rights Reserved.